使用したレシートの保存義務はある。グルコサミン&コンドロイチンは効く

結果について最初に申し上げると義務は特にありません。

個々人で保存することで自分自身が会計した痕跡を残したいと思う場合には持っていればいいのだし、逆にそういったものいらないと思うのであれば残す必要はないです。

しかしながら月々受け取る使用明細書との確認作業の際においては絶対にこのような利用レシートが不可欠です。

明細をそれまでは最低限キープしておかないと、どこで何日にどれだけの金額を決済したのかについてわからなくなることだけではなく、誤った請求であったり二重請求についての確認もすることができないから危険。

特に使用した大きさについては明細レシートを保管していないと覚えていようがないはず。

できれば使用履歴が到着する1ヶ月か2ヶ月前後はきちんと明細を捨てないようにしたい。

利用レシート廃棄手段:レシート廃棄の手段は非常にシンプルなのです。

他の人に不正な使用をされないよう、バラバラにちぎって破棄するだけで良いのである。

裁断機等が自宅で利用できるならば念には念を入れて使うほうが良いでしょう。

なんと言ってもカードの使用内容を証明するレシートなのであるから、番号等個人情報を特定できる情報がたくさん詰まっています。

ゴミ同然のレシートと思わず処分は細心の注意を払って行うべきでしょう。

一方で、今では予防の意味で明細レシートにクレジット番号などの機密の情報が記載されない利用レシートも出始めているが、過度な安心は禁物であると思います。