現実にパソコンの。画面の前に座り、休むことなく変動している相場を見てしまうと、すぐにエントリーをしなくてはいられないという抑えようのない気持ちに煽られる事も多いと思います。だけど、なんとなく感覚でエントリーするのは、避ける必要があります。分かっていると思いますが、相場は24時間いかなる時でもどこかの外国為替相場が関いているし、レートも休みなく、変動しています。とは言っても、何回も取引を重ねていると、それだけで損をする可能性が上がってしまいます。当たり前ですが、売買の回数を経験することによってトータルで勝つ確率か五分五分になるのは事実です。でもその事実は「ぼんやりとしたインスピレーションで取引」してしまうこととは別の話です。売買回数を重ねるということは、「ここがチャンス」と考えるチャンスを得られたうえでのエントリー回数を重ねるという意味です。ただ何となく、連続して注文を重ねるのとは違う。マーケットの駆け引きに負けないためには己で主体的に緩急をつけることが大事です。「ここは!」とよく考えた相場の時にはいっそのこと所有ポジションを積み増して徹底的に儲けを追い求めます。「少し悩ましい外国為替相場でどう上げ下げするのか思いつかないな」と思った時はいっそのことポジションを全部クローズして何もせず静観します。それぐらいのメリハリがあったほうか最終的に売り買いは勝利します。為替相場の金言には「休むも相場」というものがあります。本当に言葉どおりだと思います。FXとは何も常に売買ポジションを所持する事が肝心な事ではなくどの売買ポジションも所持せずじっとしていることも時には外国為替相場です。では、どのタイミングで、休めばよいのだろうか。ひとつめは、先述の通り、直近の市場が曖昧で難しいときです。今後高くなるのか安くなるのか決める事が出来ない時は分からないまま行動すると、自ら思った筋書きとは逆の方向に相場が推移してしまい、損する事になってしまいます。こういった場面ではポジションを無くして、そのままの状態で見ているだけが最善の策です。ふたつめは、自身の体の状態がよくない時です。体調と外国為替相場に関係ないと考える人もいますが大きく影響します。健康状態が悪い時は、外国為替相場の大少な場面で、正しい決定をする事が出来ない場合があります。気乗りがしない時は、市場から離れてみるのも必要な事です。